Dreamin' Girls ガールズオートレーサー

オートレーサー吉川麻季選手 特別インタビュー

インタビューを担当します、飯塚オートCS放送 ピットレポート担当のAKIです。
「スーパースターガールズ王座決定戦」の得点7点で現在5位の吉川麻季選手。
ふわふわとしていて可愛らいしい印象の彼女ですが、本当の彼女の姿、
内に秘めた想いや近況の状態などお聞きしてきました。

Q:選手になったキッカケはなんだったんですか?
元々はボートレーサーになりたくて試験を受けていました。その試験の時に一緒になったのが藤本梨恵さん。よく面倒を見て下さって、そこで連絡先も交換しました。試験が終わってすぐに藤本さんから「オートレースの試験に受かったから行ってくる!」と連絡を頂きました。そこでオートレースを知って調べたのですが、その時は「オートレースというのもあるんだな」という感じで忘れていました。
その後ボートレースの試験には受かりませんでした。当時お金がなくて車を買えず、バイクを買って乗ってみたら…バイクに乗るのがすごく楽しくて!!そのタイミングで藤本さんに「バイク乗るんだったらオートレースの選手募集しているよ」と教えてもらって「受けます!」と言いました。そこから試験を受けるまで1年間位オートレースを観に行くようになり、1〜12Rまでひたすらレースを観に飯塚オートに来ていました。興味があると一直線になっちゃうんです。
なので、ボートレースの試験を受けるのはやめて、オートレースを見る日々を送っていました。色んなことがキッカケにはなりますが、今考えたら縁があったのかも知れませんね。

Q:最初に生のオートレースを見た時はどう思いました?
迫力が凄かったです。在り来たりな答えになっちゃうのですがやっぱり凄かった。同じバイクに乗っているのにこんなにも違うのかと。

Q:今は選手として金網の中で走っていますが、実際に選手になってどうですか?
イメージと違いすぎてついていけてません。やっぱりプロの世界ですよね。自分は選手になって2、3年、何十年もオートレースでご飯を食べてきた人には簡単に勝てないというか。厳しい世界です。6周回レースをする事自体が体力的にキツイのに、年齢を重ねても6周回走る体力があること自体が凄いと感じます。

Q:男女混合レースに関してはどうですか?
燃えます!相手が男でも戦える。男女差がない競技だと思います。最近はハンデも重くなってきてなおさら燃えています。ハンデがある時は勝っても、「ハンデがあるから勝てている」と思っていたけど、最近は同ハンの人も増えてきてかなり燃えています。以前よりオートレースが楽しくなってきました。負けても勝っても楽しい。自分のした事が全て結果に繋がります。レース内容や整備、反省する所もありますが、なんでも楽しいです。

Q:自分で思う課題はなんですか?
スタートしてからの1、2周です。ペースに乗れれば良いけれど中々上手くいきません。後は、スタート後の捌き。今までは捲り一本でやってきたけど、内に向ける練習もしています。レースも内から捌いていきたいと思っています。整備に関しては、まだ音を聞いても分からない所があるから、そこは経験していくしかないです。良いと思っても試走が出なかったり、その逆もあるし。そこは、経験しつつ分かっていけたら良いなと思っています。

Q:現在の目標はなんですか?
優勝することが目標です。優出するも優勝を逃しに逃してきました。前回優出した時は、準決でタイヤが良くないけど試走が出たので「エンジン良いんだ」と思ったんです。なので、優勝戦はエンジンを壊すのが嫌で扱わずに行きました。そしたら、全然良くない。すごく後悔しました。整備をして試走がでない分にはここまで後悔はしなかったと思います。何もしなかった自分に後悔が生まれました。今は扱ってみてダメならダメで、後悔のないようにやろうと思っています。色々整備をしてみたりしています。もちろん失敗もしますけど、それはそれで勉強と思ってやっています。後は、グレードレースにも出たいですね。

Q:車名マリノSの由来は?
何処かの国の言葉?(笑)で「マリノ」は落ち着いて、という意味です。2級車の時は特に落ち着きがなく、結構カーッとなって落車したりフライングしたり。1級車では、落ちついていきたいなという想いで付けました。SはS級に上がりたい、最高ハンに行きたい、と言う意味です。

Q:応援してくれるファンがいるというのはどう感じますか?
嬉しいけど申し訳ない気持ちもあります。成績を残していれば良いのですが、今はまだファンの方も自信を持って“吉川選手を応援してる”とは言いにくいと思うんです。なので、結果を残さないといけない。自分も観ている側だったので考えますね。車券を買ってくださる方もいるので、やっぱり結果が伴わないと。

Q:お休みは何をされているんですか?
旅行に行くのが好きです。車で香川に行ったり、兵庫に行ったり大阪行ったり、観光が好き。自分の知らない所に行くのが好きです。特に好きなのが、島根県の風車があるところ。とても素敵でした。人が少ない場所、秘境とか好きですね。秘境駅に行ってきます!(笑)

Q:今もプライベートでバイクには乗るんですか?
いえ。今はフォームが崩れるのが嫌なので乗っていません。乗っていたバイクも売りました。

Q:最近ハマっているものは?
カレーにハマってます。福岡だと「二重丸」。二重丸カレーがオススメです。牛肉と卵がトッピングされています。とっても美味しいですよ!自分でカレーを作る事もありますがジャワカレーです(笑)

Q:自分の性格は?
んーあっけらかん。楽観的。成績が悪くても一度しっかり反省して切り替えるようにしています。ただ、一人になると考え込んでしまう事もあるので、なるべく引きずらないようにしています。後は、相当気が強いと思います。勝ち負けが付くもので、負けると凄く悔しいです。負けて家に帰った時はピリピリして家族もそっとしておくくらいです。1つのレースに対してもそうなってしまうので、なるべく切り替えるようにはしています。乗り物に乗ると人が変わるようなので、日頃の運転は気を付けています。

Q:ここ1年間の成績を見ると1着や連絡みが多いですが、ご自身ではいかがですか?
自分では、今の成績ではやばいな、と思っています。同期で最高ハンから走っている人もいるし。今は“女子だからまだこれから”と思われている所もあると思う。けど、そこは男も女も関係ないからこの成績じゃマズイと思っています。佐藤摩弥さんは男女関係なく活躍しているので本当に凄いです。尊敬しています。自分もコツコツやっていこうと思います。

Q:今節は女子戦がありますが、女子戦に関しては?
予選リーグは1回しか出られてないので、この飯塚ステージで頑張らないといけないですね。けど、自分は女子だから、男子だからで気持ちは変わらず、常に頑張っていきたい。女子だろうと男子だろうと関係ありません。気にせずにいつも通り頑張って走るだけです。少し休んでた時期もありましたが、体の感覚とかは戻ってきています。しっかり走りたいと思います。

Q:飯塚ステージに向けて意気込みをお願いします。
地元なので頑張りたい。そして、女子戦とか関係なく、気にせず、いつも通り頑張ります!!

インタビューありがとうございました!

(2019年10月16日取材 / 飯塚オートレース場にて / インタビュー・執筆 AKI)