Dreamin' Girls ガールズオートレーサー

オートレーサー交川陽子選手 特別インタビュー

インタビューを担当します、川口オートCS放送アシスタントの鳥谷部咲子です。
「スーパースターガールズ王座決定戦予選リーグ」(以下、SSG王座決定戦)もいよいよ飯塚ステージを残すのみとなりました。
12月27日の王座決定戦に出場するには予選リーグで1着になるか得点上位者に入る必要があります。
ここまでの予選勝者は佐藤摩弥選手と金田悠伽選手の二人。
佐藤選手は最高峰レース・SGスーパースター王座決定戦トライアル出場が濃厚となり、どの選手にもチャンスが残っています。
今回は「陽子先生」の愛称で親しまれる交川陽子選手にお話を伺います。

Q:予選リーグも残す所あと1戦となりましたね!
浜松・伊勢崎と共に7着で現在順位は9人中7位です。今のままでは出場がギリギリだと思うので、飯塚ステージでしっかり得点を取りたいです。

Q:この女子戦をどうご覧になっていますか。
「女子同士だとより気合が入るの?」とよく聞かれますが、私はどんなレースでも張り切りすぎると裏目に出てしまうので、出来るだけ通常レースと変わらない心構えで取り組んでいます。とにかく技術的に未熟で、前回も片野選手に変に寄ってしまったり、同期をインから抜くのがギリギリになったり。お客様もハラハラしながらレースを観ていると思います。そういう危なっかしいハラハラではなく、SG優勝戦のようなレベルの高いハラハラを提供できるようにレベルアップしていきたいです。今は後ろのハンデから追い上げてくる佐藤摩弥選手に脱帽としか言いようがないです。

Q:佐藤摩弥選手がオートレースに興味を持ったきっかけだと聞きましたが?
テレビ番組で佐藤選手を見てオートレースの存在を知りました。月並みですが、女性も男性と同じ土俵で戦う凄さに圧倒されました。しかも年齢関係なく飛び込めるプロの世界だと知り、自分も挑戦したい!と強く思うようになりました。

Q:選手になる前は履正社高校で体育の先生をされていたそうですが?
立命館大学では柔道部キャプテンをしていました。体育の教員免許をとり、履正社高校の教員になりました。女子柔道部を立ち上げ、顧問を3年半していました。人とコミュニケーションを取るのは好きでした。ただ、生徒に結果を出してあげられない時の歯痒さもありましたね。
生徒を指導する立場で自分自身が勝負の世界にいない事に物足りなさを感じていた頃、先程のテレビ番組でオートレースの存在を知りました。

Q:オートレースは特例枠で合格されていますね!
それが、正直願書を提出したものの、特例枠で扱ってもらえるのか半信半疑だったんです。確かに「サンボ(柔道とレスリングを掛け合わせたような格闘技)」という格闘技で世界7位になりました。サンボを始めたきっかけは、柔道部を指導する上でサンボも通ずるものがありそうだと思い教室に通いました。せっかく習うのだから大会も出たいと思い、大会に出場したらそれが日本大会、入賞したら次は世界選手権だった、と自分でも驚くほどのスピードでした。競技人口がまだまだ少ないからというのは大いにありますね。それでも勝負の世界はやはり刺激的で楽しいです。

Q:とはいえ、柔道黒帯三段と新たな競技に飛び込んで結果を残しているのは素晴らしいです。普段から体のメンテナンスにも気を使っているのですか。
がっつりトレーニングというほどではありませんが、昔から体を動かすことは好きです。今はジムで体幹トレーニングやスタジオで汗を流す程度です。食生活に関しては柔道が階級競技なので常に48キロにするよう体重をコントロールしていましたね。母も気を使ってくれ、サプリメントを用意してくれたり、時にはカレーにプロテインが入っていたりもしました(笑)。母はもう亡くなっていますが、今でも自然と食生活には気を使っていますね。

Q:そんな中飛び込んだ新たな世界、思い出のレースはありますか?
やはり、初勝利のレースです!私は同期の中でも特に時間がかかりました。その日は0~70mのハンデ戦で6周懸命に逃げただけで詳細は覚えていませんが日付は覚えています!2018年3月15日です。3・1・5で、さいこー!!これほど最高な日はありません!自分はまだ大喜び出来る立場ではありませんが、周囲がとにかく喜んでくれましたね。

Q:師匠や整備グループの存在は大きいですね。
師匠の長谷晴久選手は的確にアドバイスを下さいます。すごく厳しいですが、しっかりついていきたいです。自分に足りないものを気付かせてくれるので早くそれに応えたいです。他にも中村晋典選手や松山茂靖選手にも見て頂き、自分の事のように一緒に考えて下さいます。後輩も入り、活躍を嬉しく思う反面、私も何とかしなくちゃという気持ちも強くなりました。
仲口武志選手も大変良い先輩です。物静かであまり喋らなそうですか??確かに口数は少ないと思いますが、最近ではアイコンタクトだけで会話が成立するまで信頼関係を深めましたよ(笑)!

Q:今の課題を教えてください。
マシンの抑え方や乗り方を向上させ、成績を安定させたいです。今はやっと1着が取れても翌日惨敗ということもあるので、ムラをなくしたいです。整備も難しいです。良い成績を収めてそのデータを取っても別の日は同じ様にはならないんですよね。でも長谷さんからは「迷っているくらいなら失敗してもいいからやってみろ」と教えられています。良くても何かしら扱う、それが自分の引き出しになり、いざという時に整備の閃きが良い方向にいくと信じています。最近はレースで勝った時や極端に乗りにくかった時はレース直後にエンジンを掛けに行き、音を覚えるようにしています。
音のデータは録音で残せないので、とにかく体に叩き込んでいます。

Q:話は変わりますが、最近何かはまっていることはありますか。
最近レモンサワーがマイブームです!特にレモンの輪切りを凍らせて氷代わりに使っているレモンサワーが好きです。見た目も綺麗ですし、さっぱりしていて大好きです。とはいえ、レース場ではお酒は一滴も飲みません。まだ結果も出せていないですし、とてもそんな気分になれません。
その代わり最終日レース場を出た後にプハー!と声をあげて飲む一杯は最高です!

Q:では休みの日は、ほぼ毎日飲んでいるんですか(笑)?
いえいえ、さすがにそこまでは(笑) 飲み会の雰囲気が大好きなので積極的には出掛けますけどね!ただ選手になって生活は変わりましたね。教員時代は年間360日部活などで学校に行っていました。今は自由な時間も沢山あるので旅行で気分転換をしたりもしますが、正直私はもっと走りたい!もっと勝負していたいです。その為にはランクを上げてレースをする機会を増やしていきたいですね。

Q:最後にファンの皆様にメッセージをお願いします!
まだ準決勝に数える程しか乗ったことがありません。ハンデも沢山貰っています。ただ、今はそれを活かして早く優勝戦に乗りたいです。その後はハンデを少しずつ縮めてファンの皆様に信頼される選手になりたいです。今回のスーパースターガールズ王座決定戦で少しでも多くの方がオートレースに興味を持ってもらえるのであれば嬉しいです。今後とも応援をよろしくお願いいたします!

インタビューありがとうございました!

ロッカーで競走車と向き合っている姿と話す姿が真逆の交川陽子選手。
ひたすら真面目に仕事に取り組む姿勢とびっくりするくらい口角がキューっと上がる、とびっきりの爽やかスマイルを武器にこれからもどんどんファンが増えていきそうな選手です。

気負わず、それでもベストな成績を飯塚ステージで残せるでしょうか?!注目していきたいですね!

(2019年10月3日取材 / 川口オートレース場にて / インタビュー・執筆 鳥谷部咲子)